貧血に何が効くのか自分なりに調査してみた!

貧血対策に何が良いのか?調査してみました。

まず貧血には鉄剤か鉄分サプリを飲むことをおすすめします。

 

鉄剤っていうのは簡単に言うと薬の事なんですが、有名な鉄剤っていうとフェロミアという薬で、クエン酸第一鉄ナトリウムっていうみたいですね。

 

赤血球の減量となる鉄を補給できるという事なんですが、赤血球の中にはヘモグロビンが含まれていて、ヘモグロビンが不足すると酸素が各細胞へいきわたらないのでフラフラしたりクラクラするみたいですね。

 

ヘモグロビンが酸素を体中に運ぶのにそれが機能しないから酸欠になるというわけですね。

 

 

また、鉄ってすべてちゃんとヘモグロビンになるわけではなくフェリチンと言っていざという時のために蓄えられるようになっているみたいなんですね。人間の体っていうのはすごいですよね。

 

薬以外では食生活も気を付けた方が良いですね。鉄分と言っても2種類あって非ヘム鉄とヘム鉄があります。非ヘム鉄は吸収率が悪い鉄分で、野菜から摂取している鉄分の事になります。

 

一方、ヘム鉄はレバーとかに含まれる動物由来の鉄分で魚にも含まれていますね。これは吸収率が良いのでおすすめされているみたいですよン。

参考:【吸収率抜群】ヘム鉄サプリ比較ランキング|効果で選ぶおすすめは?

 

こちらのサイトでも紹介されていますがヘム鉄って非ヘム鉄に比べて4倍以上吸収率が違うみたいですね。1位のサプリはやはり気になってしまいます。

 

日本ではあんまりヘム鉄のサプリメントってないんですね。葉酸サプリにも鉄って含まれていますけどそのほとんどが非ヘム鉄なので、やっぱり貧血対策にはヘム鉄専用のサプリメントを積極的に洗濯したほうが良さそうですね^^

 

鉄分サプリで改善された口コミをみていると冷え性が改善されたとか、めまいが無くなったとか薬よりも効果があったとか結構本当に飲んだほうが良さそうで、体質も改善されるようで日々イキイキ生活できると言った意見も多々ありましたよ。

 

若い方はダイエットで貧血になりがちですし私たちみたいな年齢を重ねた40代は更年期が始まることですし生理がまだあるので生理で血がたくさん流れるので早めにサプリで対策しておくべきかもしれません。

 

 

 

ターンオーバーはあらゆるトラブルを巻き起こす!

30代のお肌。仕事も育児も忙しく、負担の大きい30代。肌の老化を確実に感じ始めます。新陳代謝もコラーゲンも減少して行き、肌の回復に時間がかかります。20代は必要最低限のケアでも肌状態を維持できるのですが、30代は、高機能化粧品やスペシャルケアが求められます。

美容液やパックで部分ケアも始めたいですね。年齢による変化を知った上で、洗顔や化粧品を見直してみませんか?何事もやり過ぎは厳禁!肌は本来バリア機能や免疫力を壊さないケアを行いたいですね。また、体調と肌は密接に関係しているので、見た目だけに気を取られず、内側からも磨きをかけるように忘れてはいけません。毎日当たり前のように行っているスキンケアですが、自分に合ったケアを行わないと、返って肌に負担がかかってしまう事をご存知ですか?人の肌は、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など様々なタイプがあります。それに生活スタイルやストレス、年齢が原因で肌のコンディションは左右されます。そうした肌の変化に敏感になることと、状態に適したケアを行うことが、美しい肌を作るための大事なポイントなのです。困ったことに現代女性の多くはターンオーバーが早い事が指摘されています。ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。

肌の入れ替わりが短いと、新しい細胞が生まれる速度が早く、十分に成熟しないまま各層での役割を果たす事になります。保湿力も抵抗力も弱い細胞達では肌を守ることはできません。また、未熟な細胞は肌に留まりやすい性質もあり、古い角質が表面で厚く溜まってしまいます。その結果、肌の乾燥やガサつきが生じるのです。50歳に入ると多くの女性が更年期真っ只中で、心身ともに疲れた状態。この頃のコラーゲンは20代の頃と比べて半分にまで減り、肌のハリ・艶や潤いも顕著に減ってしまいます。

肌が持つ水分量が減るので、一年中乾燥を気にしなければなりません。保湿・保水ともに重要なのは変わりませんが、浸透力が高い製品を選ぶ方法もあります。目元・口周りなど、部分ケアも必要になるので、益々手間がかかります。顔を洗った後のお手入れは、年齢に応じて変えると良いでしょう。まずは、20代のお肌について。比較的健康で、肌トラブルの少ない20代女性は、自分の肌タイプを知り、正しいケアを学ぶことが最も重要です。肌は、水分と油分、この両方を補わなければなりません。なので、オイリー肌の方でも水分を補う事を忘れてはいけません。多少ケアを怠っても影響が少ないのは若いうちだけで、この時期から紫外線対策などを徹底しておくと、後々後悔することになります。保湿する場合の要点は、水分を補い、逃さないことが原則です。

化粧水が水分の補給をし、乳液やクリームで蓋をするのです。バランスの悪いケアは、乾燥を悪化させてしまう事を、注意しましょう。また、生活習慣により、肌が乱れやすくなります。この時期に生活スタイルをちょうど良い時期ですね。ターンオーバーという単語はご存知だと思いますが、その仕組みは次の通りです。肌の細胞は表皮の最深部にある基底層で生まれて、徐々に上層へと上って行きます。最後は角質として、肌から剥がれ落ちるのですが、その一連の繰り返しをターンオーバーを呼びます。健康な肌は20代では28日程度です。ターンオーバーが早くなったり、遅くなったりすると、肌には決して良くありません。洗顔がスキンケアの基本と述べましたが、ただゴシゴシこすれば良いのではなく、肌にとって大事な成分は洗い流さない、「優しい洗顔」が重要です。では次に、洗顔後のケアへ話を進めたいと思います。洗顔の後に行うケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど種類も豊富です。最近はオールインワン化粧品も注目を集めていますね。スキンケアとは、健康的で美しい肌を持続するためにほどこすケアの事です。洗顔などで肌を綺麗にし、化粧水などで潤いを与えるのが一般的ですね。「スキンケア」と一言で言っても、一概に皆同じではありません。そこで、加齢に伴う肌の変化とスキンケア方法について説明したいと思います。

年齢と共に、肌の潤いが減り、肌細胞が乱れ、シミやくすみが増えていくのが現実です。若い頃と同じお手入れを続けていても、肌の衰えを止められません。加齢と共にお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず、どの年代でも1番の基本となるのが洗顔です。肌表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着し、それを取り除くことで、ニキビや肌荒れを防げるのです。肌表面を清潔に保つことで、正常なターンオーバーを維持できるのです。

なぜターンオーバーが早まってしまうのか、その理由の一つに洗顔のし過ぎが挙げられます。そもそも古くなった角質はであるにも関わらず洗顔を頑張りすぎる結果、過剰にこすったり、成分の強い洗顔料を使用する事があります。角質は肌表面で皮膚を守るバリア機能を担っており、必要である角質まで剥がしてしまう事は、肌荒れが起きてしまうのです。どれだけ頑張っても年とともに肌が衰えるのは曲げられない事実です。間違ったケアで肌コンディションを悪化させないためには、年とともに起こる肌の変化を感じ取る事が大切ですね。その時々に最適なケアを行うことで、老化を少しでも遅らせ、若々しい肌をキープするのがエイジングケアの真意です。40歳を過ぎると、ホルモンバランスが崩れ、シミ・たるみ・シワ・ほうれい線など悩む箇所も一気に増えます。乾燥しやすいので、美容液に加えて、クリームなどを使い、保湿を強化することがポイントです。また若い頃に比べて紫外線のダメージを受けやすくなるので、シミやくすみが気になる方は、紫外線対策も万全にしましょう。化粧品だけでは不十分と感じたら、食事や運動からのケアも始めましょう。25歳はお肌の曲がり角と言われており、この時期にお肌のトラブルに感じる方も多いかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、年々増えていく年齢肌の始まりを告げているに過ぎないのです。年齢肌最大の悩みは「乾燥」です。この時期から正しい乾燥対策を行えば、肌の老化を遅らせることができるでしょう。潤いが減ってきたと感じたら、保湿ケアを見直してみましょう。

ターンオーバーが衰えて角質がたまるとイボができやすい!

前日ふと顔を見ると目の横に小さなイボがあって、いつの間にできたの?と思って調べてみると老人歳暮というのみたいで角質がたまってできるイボらしいです。レーザー治療名でもできるみたいですが自分でも専用クリームでケアできるとのこと。

お試しにどれか購入してみようと思って顔のイボクリームを探していると参考になるサイトを見て1位のクリアポロンを購入しました。結構値段は高いけど試してみようと思います。

こちらもおすすめ⇒【自宅で除去】顔イボクリームランキング|口コミ効果でおすすめ5選